借金一本化のポイントの一つは与信

借金一本化の最大の懸案事項は、
「低金利のローンを借りられること」になります。

貸してくれないと何も始まりませんから当たり前です。

この「借りられるか」についてがなぜ懸案事項になるのでしょうか?

与信がない可能性が高い

これは、きっと、本人の貸付限度額に近い状態であるからです。
つまり、与信がない可能性が高いということです。

与信というのは、貸してもちゃんと返してくれるかの枠とでも考えてください。

だって、借金返済に困って借金を一本化しようと考えているのです。
与信枠による鵜があると考えるのが不自然です。

借金返さないで貯金しているわけでもあるまいし、
余裕があれば返済には困りません。

この与信がなければ、貸してくれないのです。
貸し付けが商売になるとはいえ、消してくれなそうな人には貸さないでしょう。
ボランティアじゃないんだから。

貸してくれなければ、借金一本化はできないことになります。

一本化できなければ?

一本化が出来なければ、他の借金返済方法を検討する必要があるわけです。
それは債務整理になるでしょう。

これは、借金一本化は誰でもできるものではないということにつながってくるのですね。

それと、もうひとつ、
貸し付けが受けられるかどうかの話に、深くかかわることがあります。

それが「総量規制」と言われるものです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ