はじめに

借金は家族を壊しかねません

現代社会において、「借金」は付きものです。

キャッシングは、特に緊急の時に役立つものですし、
車や住宅のような高額な買い物はもちろんのこと、家電や洋服のようなものでもクレジットショッピングは、
一般的な人でも普通に利用しています。

ただ、繰り返しますが、これは借金です。
お金を借りているのと同じことですので、返済しなければならない、つまり、返済の義務があるわけです。
そして、これらの「借金」がかさむと、当然に返済が大変になりますし、生活すらをも圧迫することになります。
このように、ローン等で生活を圧迫するようなことも現代社会では頻繁に起こっておるわけです。

ここ数年の日本では、一時期、200万人もの多重債務者がいるといわれていました。
この1~2年は多重債務者が減ったといわれていますが、それでも、多くの人が多重債務によって
借金の返済に悩んでいるそうです。

そういう多重債務者の救済方法として債務整理が存在するわけですが、
一般的にはどのような方法なのか、どんな方法があるのか等、知られていないんですね。

一般的ではない、ちょっとイレギュラーですが、ひとつの借金返済方法である債務整理について、
ここでご紹介して行こうと思います。

債務整理とは、一般的に、
任意整理」、「特定調停」、「個人民事再生」、「自己破産」の4つになります。

それぞれ特徴があり、債務額や債務状況などの方向性によっての選択肢があり、
多重債務者がどれかを選択していくことになります。

債務整理というものは、経験したことのない人以外は未知の体験であり、実際に自分が債務整理しようと思っていても、二の足を踏んでしまいがちです。

本当はいち早く債務整理するべきなんだけど、その二の足がさらに傷を大きくしてしまいます。任意整理の経験者が展開しているサイトで、興味深い任意整理体験談を載せているところもありますので、そういうところも参考になると思います。

どの方法も法律、あるいは、手続の煩雑さの「壁」が存在するのは事実ですので、
一般社会人の単独で進めていくことは困難と思われますが、
それでも、どのような債務整理方法なのかは知っておいて損はないでしょう。

ちなみに、他にイレギュラーな借金返済方法では、
借金を一本化して返済額を軽減していくという方法もあります。
ここではちょっと趣旨が違うのですが、有効な借金返済方法です。

もしあなたが多重債務者であり、債務整理を検討しているのだとしたら、
当サイトを参考になさってみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ